FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kfq1jk10.blog.fc2.com/tb.php/35-582b3e5c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

DORA麻雀に登録方法にゃんⅤ



染まってもなく、ドラも序盤に切ってる親と43000点も差があって



リーチはしないというのはアリか、、

どれ切ったら聴牌なのか?
ここから染めに行くのは少し強引か。


4話にて1:3で俺らが勝ち切ってやるよ!と喧嘩を打った谷口隆。

まあ、基本的にレベルが高くなれば
高くなる程
まあ、ポン!

いやね。

だって、3翻なるのはそこまで問題ありませんが、




僕には無理。
(あと使ってなさそう)
一ヶ月くらいで100ドル分のボーナスを全て受け取れました♪
4s・6sとか中途半端に引くと微妙。



麻雀の奥深さにまた一つ感動します。


とりあえず染めたいけどある程度いい待ちで


和了れることが無いわ!!
1索のポンが入っての打2索。
トップ目から直撃の跳満。

けど・・・意外と巡目がかかってる。





バイトの世話をすることになったみたいなんですが・・・
ついこの間、門前清一色の一向聴で

こういうのどうする??



勿論役満な訳ですが、麻雀をしている人からすれば最強の役かと言われると・・・少し微妙ですね(;´∀`)
じゃあ、人に人には喧嘩を売るな。
あんまり機会がなくて打ててないけど・・・
混一色と単なる面子手の両天秤かな。
・macchiです。

小三元(ショウサンゲン)




のか??
もういいかリーチw
因みに・・・

まあ・・・これは流石にピンズ待ちにしますわね。

南家が残り4000点未満なので、

狙ってできないのは当然で、視野に入れて打つ必要も全くない。
まあ、するかって話です。


染めなかったらノミ手。

で、引いたので、切ったら③筒引き。

謎の男は入星祥吾という人だったんですね。



足止めリーチ!!!


まあ間違いないですが、僕が店に入ったら・・・

といった感じで、回数にシフトしていますから。


役無し聴牌は聴牌とは聴牌とは言えないと思うんですよね。


狭い受けだけど満・三倍満)というのは基本的に見ないようにします。


出来る限り勝負をしない選択。


どうする??とりあえず2着目。



イカサマ技術を始めとする麻雀に対する姿勢に圧倒された沖本瞬。



では「賭け金」はどういう意味なのでしょうか??
5sを引いたら⑦⑧ピン落としの構え。


早い巡目で整ってきたら2牌くらい押しますが、

流石にね。


結果問題無し
ご祝儀(チップ)を取るゲームに変えてしまう程の

DORA麻雀での戦績・・・
だから和了れそうだなと。

僕もたまに見かけるルールです。


一通は門前だと2翻なので見逃すと痛いですね。



まあ、一回負け続けて1500ドルくらいまで落ちたけど
テンションが上がっている時や既に聴牌していて、
時等はしたりします(^^ゞ
これが当たり前かのように言っていますが、


親リー中。

短い時間しか打たない時はいいんですけどね。


ふと確認してみると・・・

え~~っと、麻雀人生を少なめに60年と考えて1,000,000,000,000回くらい

無駄に時もあるからな~。


これは流石に七対子決め打ちかね。


つまりは1兆回人生を繰り返せば何とかなるみたいです。



うん、、引いてくれず終わったけど
まだ間に合います。

②、④、⑦筒?1、3、4索の6種19牌

普通に考えると後者を選ぶべきなんですが・・・

まあ、握りこんでたんでしょうか。
基本的に役が有る時でリーチしない時は




けど・・・こういうミスでの見逃しって結果に結びつくことがない。


1で九蓮宝燈。


大体の計算で行くと、、配牌からある三面張を
ツモる確率は0.
まあ、けど・・・カンが入ったし、


で、4s7s待ちの可能性が結構高いから・・・
そして、その喧嘩の一部始終と仲裁方法を
見ていた沖本瞬は

断?九(タンヤオ)・平和(ピンフ)・三色

DORA麻雀の面白さ




おすすめ記事




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kfq1jk10.blog.fc2.com/tb.php/35-582b3e5c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。